日本伝統のお香

日本伝統のお香とは

お香とは、天然香木の香りのことです。お線香やコーンタイプのもの、練香や焼香など様々な種類があります。
日本のお香の歴史は仏教の伝来とともに始まったといわれています。お香は仏教の儀式には欠かせないアイテムだったのです。
原料は国内では入手できない希少なものばかりでしたが、その神秘性のゆえに次第に教養文化の一翼をになうまでに発展していきました。

レッスンのご案内


天然香料を用いた様々なタイプのお香づくりをお楽しみいただけます。
お香というと古臭いイメージがありますが、天然香料を上手に使いこなして作るお香はとても体にやさしく、またとても上品な香りがするものです。
リラックスするため、ご供養のため、豊かな自然の恵みを頂きます。

お香にまつわる歴史や背景など、意外に知られていない日本の文化について興味を深めることができますよ。

市販の安価なお線香などでは咽てしまって困る…
人工的な香りがして気持ちが悪い… etc
といった方にも大変好評をいただいております。

「天然香料で体にやさしい安全なお香づくりを学んでみたい」
「オリジナル調合の自分だけの香りを作りたい」
そんな方にぜひおすすめです。
全1回のワークショップのほか、ご希望があれば内容ご相談でのレッスンも対応しております。

参加料金

基本料金2.000円+材料費
(基本料金は1レッスン毎、材料費は1作品毎です。材料費は作品により異なります)

開催日程

・開催スケジュールに記載のある日程で、当月開催のワークショップ内容でお申込みいただけます。

開催スケジュール一覧


ワークショップのご案内

1回完結で様々なタイプのお香づくりをお楽しみいただけます。
お香についての知識や歴史もふまえ基本から丁寧にお伝えします。

(*準備中*)
 

内容ご相談のご案内

当教室のお香講座では年間プログラムをもとに毎月異なる内容でレッスンを行っております。
習い事にされたい方は毎月ご参加ご希望の旨をお知らせください。

また、もし何かご希望の内容があればお気軽に講師にご相談ください。

(*準備中*)
 


講師:かおりほの香
(薫物屋香楽認定インストラクター)

区民講座や各カルチャーセンターで日本の伝統的なお香づくりを伝えています。